窃盗犯のピッキングによる鍵開けはディンプルキーで防げる

ディンプルキータイプの南京錠へ交換する人が増えた

南京錠を交換するならディンプルキータイプ

従来の鍵は窃盗犯にとって簡単にピッキングで解錠することができたため、窃盗の被害が多くありました。このように簡単に鍵を開けることが出来る鍵は、鍵が刺さる部分の両サイドがギザギザしているものでした。防犯のためにも対策を考えて開発されたのが、ディンプルキーです。従来の鍵の特徴であるギザギザはなく、表面に丸くでこぼこした形がいくつかあります。このディンプルキーにすることで窃盗犯がピッキングで簡単に鍵を開けることができなくなります。

ディンプルキーを知る

シリンダーキーとディンプルキーの違いって何?
従来のギザギザがある鍵はシリンダーキーと呼ばれています。シリンダーキーは鍵穴に刺した時、ぎざぎざ部分と鍵穴の中にあるピンが、ぴったりと一致することで鍵を開けることが出来ます。このシリンダーキーは、少し練習すれば素人でも簡単にピッキングすることができるそうです。それに比べてディンプルキーは見た目から違い、一目見ただけではとても防犯性が高いようには思えません。しかし、この特殊な形にしたことで以前のピッキング方法で鍵を開けることが出来なくなったのです。
シリンダーキーの南京錠よりもディンプルキーの南京錠の方がピッキングされにくいって本当ですか?
ディンプルキーの防犯性が高いのは、シリンダーキーの構造よりも複雑に作られているからです。シリンダーキーの場合、鍵穴の中にあるピンは上部だけにありましたが、ディンプルキーは、左右にもピンがついています。ピンが増えて、さらに複雑化したことで、シリンダーキーをピッキングで開けるよりも約10倍ほど難しくなったと言われています。そのため、ディンプルキーだと気づきあきらめる窃盗犯もいます。このように精度を上げたディンプルキーを使用することで防犯対策に役立てることが出来ます。
TOPボタン